サガテレビ杯 第21回 ル・プランタン賞は 川崎所属 ケウ号が優勝! ー佐賀競馬ー

 本日(4月10日・日)第5レースで実施したGRANDAME-JAPAN2022「サガテレビ杯 第21回 ル・プランタン賞」(サラブレッド系 3歳牝馬オープン、ダート1,800m、1着賞金5,000,000円)は、単勝2.3倍の1番人気ケウ号(川崎・林隆之きゅう舎・岡村健司騎手(船橋))が、2分00秒5のタイムで優勝。

 序盤はスタートで後手を踏み、後方からの競馬でしたが、1周目の直線から徐々に好位へと押し上げると、第4コーナーでは早くも先頭に立ち、外から伸びたニフティスマイル号(兵庫・田中一巧きゅう舎・吉村智洋騎手(兵庫))以下をを抑え、先頭でゴール。

 これで同馬は嬉しい重賞初制覇。管理する林隆之調教師と騎乗した岡村健司騎手はル・プランタン賞初勝利を飾りました。

 3着にザビッグレディー号が入線し、佐賀所属馬の最先着となりました。



<競走成績はこちら>


≪優勝騎手へのインタビュー動画≫