佐賀新聞社杯 JBC協会協賛 2歳CS 未来優駿2021 第32回 JRA認定 九州ジュニアチャンピオンは、 ムーンオブザクイン号が優勝! ー佐賀競馬ー

 本日(10月3日・日)第6レースで「佐賀新聞社杯 JBC協会協賛 2歳CS 未来優駿2021 第32回 JRA認定 九州ジュニアチャンピオン」(サラブレッド系2歳、ダート1400m、1着賞金3,000,000円)を実施しました。

 スタートから逃げる1番人気ブルーデイジー号に、モーモーグリーン号、ムーンオブザクイン号、ユウワクスレスレ号が先団を形成。向こう正面で先団4頭が後続を突き放す展開となり、第4コーナーでは先頭を走るブルーデイジー号とムーンオブザクイン号が並んで最後の直線へ。直線でムーンオブザクイン号が外から伸び、3頭による2着争いを尻目に1分30秒8のタイムで優勝。

 2馬身差の2着には内から伸びたユウワクスレスレ号、アタマ差の3着はブルーデイジー号とサンヨースマイル号が同着でのゴールとなりました。

 同馬を管理する土井道隆調教師は4年ぶり2度目の九州ジュニアチャンピオン優勝。騎乗した川島拓騎手は、九州ジュニアチャンピオン初優勝となりました。




<競走成績はこちら>


※優勝騎手へのインタビュー動画は、のちほど佐賀競馬公式YouTubeチャンネルにアップロードします。